頚椎症2


痛くない最先端手技ライラックローズ健康整体院 掛川・菊川の杉山です
今日も頚椎症で必ずチェックしなければいけない筋膜についてお話しします

今日は先ず大胸筋です
大胸筋は頸部の側屈や回旋に制限がある方、痛みがある方はチェックしてみて下さい
先ず大胸筋を緩ませるには、広背筋のトリガーポイントを見つけ、緩ませることが必要です
広背筋を緩めた後、脇から手を入れて左右の大胸筋を手の平でつかみ左右同時に上に持ち上げ振動刺激を与えることで、緩んでいきます

また大胸筋と広背筋を同時に脇からつかみ振動刺激をすることで、僧帽筋も緩んでいきます

次に大結節です
大結節は50肩の患者さんにはマストです
左右の大結節を触診し硬結部位を確かめ、反対側の大結節で緩めることが出来ます



2018年9月3日