肩こり3


痛くない最先端手技ライラックローズ健康整体院掛川店・菊川店の杉山です
今日のブログも前回からの続きで肩こりに関してです

今日は少し視点を変えて、今までは肩こりの原因として筋膜の話をしてきましたが、今日は内臓由来の肩こりの話をします
内臓と筋膜の張りや痛みはあまり関係が無いと思っている方が殆どではないでしょうか
しかし、凄く密接なつながりがあります

①肝臓・・・作用は免疫・解毒・循環の機能があります。右肩の肩こりや首痛に大きな影響を与える臓器です。投薬を長くされている方や飲酒をされる方、元々遺伝的に肝臓が弱い方、肝臓由来の病気の方などは肝臓を評価しても良いと思います
もう一つ、評価の方法として、右第5.第6肋骨間、胸椎から指3本分外の部分を押圧して痛みがある方は肝臓に少し問題がある方なので
肝臓の調整をしていきます
肝臓の調整の仕方として、先ずは肝臓を感じることが最も大切です。当然目では見えないので、両手で包み込み、大きさや重さ、固さや位置などを確認しましょう。問題のある方は必ず何らかの違いを感じることが出来ます。よくあるのが、少し大きい、少し硬く感じる、位置がずれて肋骨に当たり下に下がってしまっている・・などです
緩ませ方としていくつかありますが、筋膜張筋(TFL)を押圧&振動刺激か右手の母指球を押圧する。どちらかが良いと思います

続きは又後日

公式ホームページ
https://www.kenkouseitaiin.net/
ご予約・お問い合わせ 0537-22-2882(代表)

2018年9月15日